赤羽ここちクリニック

Dissolution Injection脂肪溶解注射 BNLS/カベリン

BNLS注射(脂肪溶解注射)

BNLS注射とは

BNLSは、植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。
脂肪分解作用・肌の引き締め作用・リンパ循環作用という三つの作用により、血液やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体にたまっている老廃物の排出を促す施術です。

副作用・リスク

赤み・腫れ・痛み・内出血・妊娠中NG

諸外国における安全性等に係る情報

現在まで重篤な合併症の報告はございません。

同一の成分や効能を有する他の国内承認医薬品

同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
日本国内においては、医薬品医療機器等法上の承認は取得していません。

BNLS注射の特徴

1回の注射からでも実感できることも

BNLS注射は、脂肪溶解・引き締め作用・リンパ循環の相乗作用により、従来の脂肪溶解注射よりも少ない回数(1回より)で施術の実感がいただけます。

痛みや腫れがほとんどない

BNLS注射は、くるみや海藻などの植物由来成分が主成分。
治療中や治療後の痛みや腫れがほとんどありません。
ご家族や周囲の人に気付かれずに自然に顔痩せをしたいという方はご検討ください。

72時間から顔痩せ

従来の脂肪溶解注射は施術後、効果が現れるまで2~3週間程度かかりますが、BNLS注射では72時間から顔の脂肪減少を実感することができます。

年齢肌のひきしめにも

BNLS注射には脂肪溶解作用のほか、ムクミを取り皮膚を引き締める作用があるため、年齢によるお肌の緩みを「キュッ」と引き締めます。

再注射が可能な1週間後からOK。

希望する顔のひきしめに近づけるためには数回の注射が必要です。このBNLS注射は施術後1週間から再注射が可能なので、治療期間が短くなり、早くされたい方はご検討ください。

※効果には個人差があります。

カベリン

カベリンとは

カベリン注射は、デオキシコール酸(0.6%配合)を主成分とする脂肪溶解注射です。高濃度のデオキシコール酸を注射することにより脂肪細胞を破壊し、フェイスラインや体のラインをスッキリさせることができます。破壊された脂肪は、静脈やリンパ管から自然に排出され、少ない負担で痩せにくい部位でも部分痩せが期待できます。

副作用・リスク

赤み・腫れ・かゆみ・むくみ・内出血・妊娠中NG

BNLS注射の特徴

腫れ・痛みが少なくダウンタイムが極力短い

腫れや痛みを抑える成分が配合されているため、従来の脂肪溶解注射に比べダウンタイムが短いです。

短い間隔の施術で効果を短期間で出せる

1週間に1回と短い期間で施術が可能です。4回以上治療を行うのがおすすめです。1回の注射からでも実感できることも

脂肪細胞を破壊するのでリバウンドのリスクが少ない

L-カルニチンが配合されているため、脂肪の代謝を良くし、リバウンドしにくいのも特長です。

鼻以外の顔痩せや、気になる部位の部分やせにも最適

脂肪に直接注射を行うので、痩せにくい部位や気になる部位の脂肪を減少させることが可能です。

料金表

料金に関してHPの価格を修正中となります。
お問い合わせの場合はお手数お掛けいたしますが、お電話にてお受けいたします

TOP